orenznero

書く。書き続ける。

速く、緻密に、思うままに。ノック1回で、折れることなく走り続ける。「書く」ために研ぎ澄まされたシャープペンシルの到達点。

orenznero
とは

1960年に世界初のノック式シャープペンを
開発してから、様々な世界初を生み出し続けて
きたぺんてるが、半世紀にわたり追求してきた
シャープペン技術を結集した
究極のフラッグシップモデルです。

1960年に世界初のノック式シャープ
ペンを開発してから、様々な世界初を
生み出し続けてきたぺんてるが、
半世紀にわたり追求してきた
シャープペン技術を結集した
究極のフラッグシップ
モデルです。

芯を出さずに
書ける。
芯の折れない
「オレンズシステム」

芯の減り具合に合わせて、
ペン先のパイプがスライド。
パイプで芯を
守りながら書くので、
超極細芯でも折れません。

ペン先を離すたびに
芯が出てくる。
ノック不要の
「自動芯出し機構」

ペン先のパイプが紙面から
離れるたびに、自動で芯が
出てくる機構を搭載。
最初のワンノックだけで、
書き続けられます。

マットブラックの
細身ボディ

グラフ1000やスマッシュなど、
ぺんてるを代表するシャープペンの
DNAを受継いでいます。
ラグジュアリーな高級感ではなく、
高性能なツール
ということを表現。

12角形の
一体軸

前軸と後軸に継ぎ目がないことで、
ブレない書き心地を実現。
持った時の安定性と
筆記時の操作性に
優れています。

低重心
グリップ

樹脂と金属粉を混ぜ合わせた
特殊素材を使用し、
低重心だけど重過ぎない、
実用筆記ツールとして
最適なバランスを
実現しています。

芯径/0.2、0.3
3,000円 + 消費税